不溶性食物繊維の性質

| 未分類 |

}PgžxQ食物繊維は、水に溶けやすいタイプと水に溶けにくい
タイプの2種類のタイプがあります。
水に溶けにくい不溶性食物繊維は、糸状に長い筋でザ
ラザラ、ボツボツしている特徴があります。穀類や豆
類、野菜などに多く含まれ、カニやエビの表皮にも含
まれています。特性としては、保水性が高いことです
。水に溶けにくいため、胃や腸で水分を吸収して大き
く膨らみます。膨らむことにより、腸を刺激するため
、蠕動運動が活発化することで、消化管を通過する時
間を短縮させることができ、便通を促進します。また
、繊維状、蜂の巣状、ヘチマ状など繊維の形に特徴が
あります。よく噛んで食べることになるため、食べ過
ぎを防いだり、顎の発育を促進してくれるため、歯並
びが良くなります。
食物繊維は、大腸内で発酵・分解されることで、善玉
菌のエサになるため、ビフィズス菌などが増えます。
腸内環境がよくなることで、整腸効果を得ることがで
きます。ただし、食物繊維は、たくさん量をとればい
いものではないため、腸の働きが低下している状態で
、急にたくさん食べると悪くなるケースもあるため注
意が必要です。特に、水分が不足している状態で水に
溶けにくい食物繊維を摂取すると便が硬くなり、便秘
が悪化するケースもあります。