1日に摂取したい栄養の量は男女別になっており、ほとん
どの栄養素が男性のほうが摂取量が多いです。
しかし、鉄に関しては生理のある女性のほうが目標量が多
くなります。

鉄の1日の摂取基準は、成長期の15歳から17歳は男性
が9.5mgで、女性は生理のない人が7.5mgですが
、生理のある人は10.5mgで男性よりもたくさん必要
となります。

18歳から29歳の男性は7.0mgで、女性は生理のな
い人は6.0mg、生理のある人は10.5mgです。

30歳から69歳の男性は7.5mg、女性は生理のない
人は6.5mg、生理のある人は11.0mgです。

70歳以上は男性が7.0mg、女性が6.0mgです。

また、妊娠中・授乳中は推奨量が増えます。妊娠初期と授
乳期は+2.5mg、中期・末期は+1.5mgです。

1日の耐容上限量は生理のない人が50mg、ある人が
40mgです。

鉄のおよその目安量は、豚レバー50gで6.5mg、
鶏レバー40gで3.6mg、ホウレンソウ100gで
2.0mg、カキフライ3つ((60g)で1.5mg
です。

鉄は取りすぎると、肝臓にたまり肝機能障害を起こす
リスクが生じます。

中高年以上の男性や閉経した女性は、鉄のサプリメント
は必要ありません。
閉経後も漠然と鉄サプリを使用し続ける女性が少なくあ
りませんが、危険ですので、直ちに使用を中止すること
をお勧めします。