ビタミンをCだけ単独で摂取するよりもマルチビタミン赤トウガラシ
の方が手っ取り早い、ミネラルもカルシウムとカリウム
をそれぞれ単独で購入するよりもマルチミネラルのほう
が便利だ、と思っている人が多いようですが、少し注意
が必要です。

ビタミンやミネラルの欠乏症は起こりやすいものと起こ
りにくいものがあります。ビタミンやミネラルの中には
欠乏症よりも過剰症になりやすいものもあります。
また、欠乏症よりも過剰症の方が命に関わりやすいもの
もあります。

例えば、ヨウ素は日本人では不足することはまずありま
せん。むしろ過剰症のほうが心配です。
それなのに、マルチミネラルのサプリを摂取したのでは
過剰摂取となってしまうおそれがありますので、注意点
の1つです。

また、カリウムは汗に出てしまうから不足しやすいと言
う店員もいますが、通常の食事をしていれば、そう簡単
に血液中のカリウムが低下することはありません。腎機
能が正常であれば、尿細管でカリウムを血中に再吸収し
ますので、血中のカリウム濃度は常に一定範囲に保たれ
ます。

夏場に熱中症予防のために水分補給としてスポーツドリ
ンクを飲めば、カリウムも補給できます。また、野菜や
果物や芋類にも含まれていますので、拒食症の人や下痢
や嘔吐が続いている人や腎機能に問題のある人以外は、
カリウムを補う必要はないでしょう。

下痢や嘔吐が続き血液中のカリウムが低下した時でも、
医師は慎重にカリウムを補給します。点滴で補給する場
合は心電図をつけて、異常がないか確認しながら補給す
るくらいです。

過剰摂取のほうが危険なので、むやみにマルチミネラルを
使うことはお勧めできません。