食物繊維の特徴について

| 未分類 |

食物繊維とは主に野菜やイモ類、穀物、果実、海藻類
などに多く含まれている物質であり、大腸の動きを円滑
にするため、便秘などの腸疾患や動脈硬化、胆石など
の予防に効果的であります。
また、最近の代謝性疾患予防及び治療に関連し、食物
繊維の重要性が大きく認識されています。
食物繊維は水に対する親和性に従って水溶性と不溶性
に分けることができます。
水溶性食物繊維は果物に多く含まれているペクチン質
や海藻多糖類などであり、不溶性食物繊維はセルロー
ス、リグニンなどがあります。
食物繊維は繊維質が多く、胃や大腸に入ると多くの水
分を吸収して保持させ、空腹感を減らすのでダイエッ
ト食品としても人気であります。
特に、食べても消化、吸収されずにそのまま腸の中を
通過して腸の動きをスムーズにし、宿便や老廃物を排
泄させる優れたデトックス効果があります。
その他にも食物繊維は糖質代謝に影響を与え、血糖値
の上昇を抑制する効果があります。
糖尿病はインスリンの機能低下で血液中の血糖値が上
昇することになります。
セルロースなどの食物繊維は糖質が小腸へ移動するこ
とを遅延させると同時に、糖質の消化管での吸収を阻
害し、血糖値の上昇を抑制する作用をします。