水溶性食物繊維の性質

| 未分類 |

食物繊維には2種類ありますが、そのうちの1つである
水溶性食物繊維は水に溶ける性質をもった食物繊維で、
水分を保持する力が強いのが特徴です。海藻や野菜、
果物などに含まれており、水を吸収すると粘稠性のあ
るゲル状となり、ゆっくりとお腹の中を移動していき
ます。そのためお腹に長くとどまり、お腹をすきにく
くする効果がある他、糖質の吸収速度をおだやかにし
てくれるので、食後の血糖値の急激な上昇を抑制する
効果もあります。また、糖質だけでなく、脂肪分が吸
収されるのも抑制してくれるため、コレステロールや
中性脂肪の値の上昇を防ぎ、生活習慣病の予防につな
がります。
この食物繊維はお腹の調子が悪くてお悩みの人にも嬉
しい効能を持っています。食物繊維が胃や小腸で吸収
されずゆっくりと移動していく過程で、不要な食べか
すなどを取り込みながら大腸へ運ばれ、その水分保持
力で便を柔らかくするため、便が硬くて悩んでいる人
にはぴったりの食物繊維となっています。さらに、腸
内でビフィズス菌などの善玉菌のエサとなって、善玉
菌を増やすことで腸内環境を整える働きがあるため、
便秘だけでなく下痢の改善にも役立ちます。
もう一つの食物繊維である不溶性食物繊維と併せて摂
取することで、よりお腹の調子を整えてくれるので、
バランスよく2つの食物繊維をとることが大切となり
ます。